« 目覚めたら夕方だった… | トップページ | 2013東京都春季大会 続・やっぱり練習しときゃよかった50m3×20 »

2013年4月 2日 (火)

2013東京都春季大会/やっぱり練習しときゃよかった10mS60

3月31日の日曜日

いよいよ2013年の本戦に参戦です。

東京都春季大会兼国民体育大会予選会が

埼玉県長瀞総合射撃場てせ行われ選手として参加してきました。

私がエントリーしたのは10mS60Mと50m3×20MWの二種目。

事前に射座割を東ラHPで確認したら

当日の第一射群が10mS60M、第二射群が50m3×20MW。

第一射群は9:00からプレパ+試射がスタートするので8:30に長瀞入りです。

今回の記事の更新は10mS60波乱万丈射撃の顛末です…(^_^;)(^_^;)

長瀞射撃場に到着して役員室で受付したら

第一射群の10mS60M会場であるエアライフル射場に移動。

本射30分前の8:45から射座入りが可能でしたが

私はやっぱりあたふたして8:50頃に射座入り(^_^;)

しかも準備に入ってから

「ハイサイトブロックが見当たらん(T_T)」なんて事態が発生。

「もしや車に置き忘れたか…」と駐車場に戻り

トランクを確認したらやっぱり無いし(T_T)

「やばいやばい」と射座に戻りもう一度ツールボックスの中を覗いたら

「あった(^_^.)」

ツールボックスの中にちゃんと入っていました。

ハイサイトブロック。。。

そんなこんなしてる時には既にプレパ+試射が始まっているし

私の準備の状態はエアライフルにシリンダーが未装着。

バップレとサイトも取り付けてないし

そんなだからコートもズボンもブーツも身に着けていないし…

準備の段階から後手後手にまわってしまいました(T_T)

「本射に入ったら試射が撃てん」

そんな焦りを感じつつ後ろの時計をチラ見しながら

必死に準備の作業を続行。

プレパ+試射タイム残り5分のところで準備を完了することができて

私もさっそくプレパ+試射に入ったのですが

なんたって与えられた時間は5分間。

「狙点だけはしっかり確認しよう」と

電子標的と銃が直線状に重なるように立ち位置を慎重に選び

据銃姿勢をチェックしながらサイトから標的を覗いて

姿勢に無理感なく標的黒点を狙えるかを確認。

数回、立ち位置の修正を行い狙点に安心感を持ったら

すぐに試射開始。

残り3分ほどでの試射でしたが

「ここで慌てず据銃姿勢と撃発のチェックに専念だ」と

姿勢をチェックを行い撃発。

「手に力みが入らないように、人差し指の第一関節に意識を集中…」

そんなことを頭で考えながらの試射で結局撃てたのは3発。

9点、10点、10点と点数ととしては良かったのですが

気持ちは慌てたまんまでモチベーションが今一つの状態で

本射75分間に突入です。

それでも銃の揺れは安定していたのですが

ここで撃発が雑になるのはやっぱり練習不足。

ガク引きが発生して1発め8点、2発め6点。

3発め以降9点に着弾しますがガク引きは依然発生。

10点には程遠い射撃が続きました。

そんな射撃が2シリーズまで続いて

第1シリーズ86点、第2シリーズ89点(T_T)

第3シリーズ1発めも8点撃って

「こりゃもうちょい開き直らくちゃ…」なんて感じて

第3シリーズ2発め撃つのに据銃したら

「あれっ身体が楽だ」と姿勢の感触が今までと違う様子に。

気が付けば2シリーズまでは無意識に身体に力が入っていたんですね(^_^;)

それが手にも及んで撃発に影響してガク引きに(^_^;)(^_^;)

そこに気づいたら身体の脱力と撃発に意識を持っていくことができて

10点が中るようになりました。

第3シリーズは8点1発、9点4発、10点5発で94点。

ここで後ろの時計を見ると本射開始から20分しか経っていなくて

30発をどんだけの速さで撃っていたかをあらためて痛感です。

新ルールで制限時間が短縮されたことで

1発ごとのペースを速めにしようと意識はしていたのですが、

今回はそれ+準備段階でのあたふたでモチベーションが大慌て状態。

「もう少しメンタルコントロールをしっかりしないといけないな(^_^;)」と

気持ちにも余裕を持つことができました。

以降の射撃はそれまでに比べると

楽な据銃、丁寧な撃発…そんな感触を持つことができて

第4シリーズ9点5発、10点5発 95点

第5シリーズ9点3発、10点7発 97点

第6シリーズ9点4発、10点6発 96点

特に6シリーズ9発めは10.9。

「おっ最高点(^_^.)」と調子もあがり

最終弾も10点でまとめることができて気持ちもスッキリです(^_^.)(^_^.)

合計点数は557点と目標の560点には届きませんでしたが

本射途中での気持ちの切り替えと

そこからのウィークポイントの改善が点数の変化にもあらわれて

「まずは良し」として射場長に終了コール。

制限時間残り8分くらいで射撃を終えることができました。

2013_077

競技用エアライフル

アンシュッツ2002。

口径4.5㎜、圧縮空気式

2013_078

セイフティフラッグ

オレンジ色のチューブ状のものがそれ(^_^.)

装填口から挿し込んで銃口から出しておきます。

大会役員室の受付で50円でもらうことができました。

2013_076

10mS60M 

第6シリーズのグルーピングと合計点数。

終わりよければ全て良しということで…(^_^.)

今回の反省点はやはり準備段階での後手後手。

そしてめためたなメンタルコントロール。

途中、改善をすることができましたが事前の練習不足を省みる内容。

今後の練習では

事前準備は射座に入る前にできることはしておくこと

新しい制限時間での射撃ペースを身につけること

そして身体から抜けてしまった据銃姿勢と撃発を取り戻すこと…

課題は山ほど(^_^;)(^_^;)

でも次の射撃の目標ができたので結局よかったよかったと

勝手に完結してしまうのでした(^_^.)

というわけで次の記事の更新は

第二射群50m3×20の顛末はいかに…ていう内容です。

« 目覚めたら夕方だった… | トップページ | 2013東京都春季大会 続・やっぱり練習しときゃよかった50m3×20 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ライフル」カテゴリの記事

鉄砲」カテゴリの記事

射撃」カテゴリの記事

コメント

途中から立ち直ることが出来るなんて、さすがですね。後半の調子だと、580ぐらい行きそうじゃないですか!

◎誠さん
こんにちは。
やっぱり射撃はメンタルスポーツだと実感した試合でした。
でも油断大敵なのが私の射撃(^_^;)
サボり厳禁ていうことも思い知らさせました。はは(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013東京都春季大会/やっぱり練習しときゃよかった10mS60:

« 目覚めたら夕方だった… | トップページ | 2013東京都春季大会 続・やっぱり練習しときゃよかった50m3×20 »